神経管閉鎖障害 確率 予防法

神経管閉鎖障害の確率と予防法

 

神経管閉鎖障害とは、妊娠4〜5週の間くらいに起こる退治の先天性異常で、中枢神経のもとである神経管が閉鎖され、脳や脊髄が正常に機能しなくなることをいいます。
脳の不全を『無脳症』、脊髄の不全を『二分脊椎症』と大きく2つに分けられます。

 

無脳症

 

神経管の上部での閉鎖により、頭蓋骨の上の部分や脳が欠損してしまいます。ほとんどの胎児は成長を続けることができずに流産や死産となります。

 

二分脊椎症

 

神経管の下部での閉鎖により、脊髄が外にでてしまい癒着や損傷をしてしまい、運動・排泄・知的障害などの様々な神経障害が引き起こされます。
日本での発症率は1万人に5人くらいになっています。

 

 

神経管閉鎖障害になる確率はこれくらい

 

神経管閉鎖障害の日本での発症率は1万人に6人くらいで、年間では673人の胎児の疾患が認められています。
神経管閉鎖障害の中でも二分脊椎が半数を占め、2001年〜2010年における先天異常と、二分脊椎の発生頻度は次のようになっています。

 

先天異常、二分脊椎の発生頻度

年度

出産児総数

奇形児総数

出産頻度

二分脊椎数

発生頻度

2001 97,389 1,651 1.70% 50 0.051%
2002 89,255 1,577 1.77% 49 0.055%
2003 84,644 1,555 1.84% 52 0.061%
2004 77,233 1,366 1.77% 39 0.050%
2005 72,229 1,409 1.95% 34 0.047%
2006 76,322 1,377 1.80% 37 0.048%
2007 79,588 1,485 1.87% 38 0.048%
2008 85,855 1,707 1.99% 46 0.054%
2009 92,256 1,926 2.09% 57 0.062%
2010 91,082 2,102 2.31% 54 0.059%

 

母親の遺伝子異常が関係しているのは20〜30%で、残りは妊娠中のアルコールや薬の服用、栄養素の不足などの環境により発症します。
また神経管閉鎖障害などの胎児の疾患の確率は下のグラフを見ても分かるように年齢や、卵子老化によっても変わってきます。
出産が高齢になるほど気をつけなければいけません。

 

 

 

神経管閉鎖障害を予防する方法は?

 

神経管閉鎖障害として、遺伝などのどうしても避けられない要因もありますが、それ以外は妊娠中の環境に気をつけることで高確率で防ぐことができます。

 

坑てんかん薬の服用・糖尿病・肥満・喫煙・アルコール・放射能・ビタミンAの過剰摂取には妊娠の可能性がある場合、特に気をつけておきたいところです。

 

妊娠の可能性がある場合の、坑てんかん薬の服用・糖尿病の薬物処方には事前に医者や薬剤師に相談して対策が必要です。
また、健康診断などのレントゲンによる放射能に気をつけたり、喫煙・アルコールは控えたほうが無難です。

 

ビタミンAはレバーやうなぎに多く含まれていますが、自然食品から過剰摂取になる可能性は低いです。
ビタミンAのサプリメントを飲む場合は耐用上限量の2700μグラムを超えないように確認しましょう。

 

また、葉酸の摂取により、発症するリスクは70〜80%も減少せることができます
日本では厚生労働省が一日あたり400μグラムの葉酸をサプリメントなどで摂取することを推奨しています。
普通の食事で摂れる天然葉酸は水溶性で熱にも弱く吸収率も低いため、サプリメントでの合成葉酸の摂取は必ず必要になります。

 

一日の上限値は1000μグラムと定められ、過剰に摂取すると喘息やアレルギーの原因にもなるため、サプリメントは過剰摂取にならないものを服用しましょう。

 

また葉酸単体ではうまく体内で機能しないためビタミン類も配合され、妊娠中に必要な鉄分やカルシウムなどの栄養素も配合されていることがベストです。

 

安価な葉酸サプリメントは石油や薬品から合成されていたり、放射能などの安全性にも配慮されていないものもあるため本当に信頼できる品質の葉酸サプリメントを選びましょう。

 

 

葉酸サプリのランキング

 

現在日本では妊娠中の葉酸の重要さがあらためて認識され、非常に数多くの葉酸サプリメントが存在します。その中でも安心して飲める高品質な葉酸サプリメントを厳選してご紹介します。

 

 

 

価格:定期便1個あたり3980円
口コミ、満足度が非常に高く、高品質の栄養素や美容成分まで配合された葉酸サプリです。無添加で、葉酸は酵母由来の安全で吸収率の高い合成葉酸ですし、国産野菜を21種とたっぷり使い、葉酸以外の栄養素も妊娠中に必要なものは全て網羅されています。
定期便ではなく単品で試したい場合は5980円と割高なので定期便がおすすめですが、最低6回継続の条件があります。
本気で妊娠初期から赤ちゃんと母体の健康を考える方におすすめです。
>>ベルタ葉酸サプリ公式サイトはこちら

価格:1800円
国内生産、第3者チェックと信頼できる製造元で、葉酸以外の栄養素もバランスよく配合されています。天然由来の成分ではなく合成のサプリになりますがその分コスパがかなり良いです

 

妊活中などで長期的な服用をしたい方におすすめです。

 

単品購入でも1800円と比較的手頃なお値段ですが、6ヶ月セットの場合だと20%オフの1個あたり1400円で購入できます

 

>>AFC女性100人の声から生まれた葉酸サプリ公式サイトはこちら

価格:LINE登録後に定期便で1個あたり3780円

 

日本のGMP認証工場よりもさらに厳しい審査の国際的に見とまられている「NSF GMPの認証工場」で製造されており、
原材料、製造工程の安全性は世界に通用するレベルです。原材料は全て原産国から最終加工国まで開示されていてます。

 

葉酸とその他の妊娠中に必要な栄養素の配合バランスも非常によく、特に食事でとりにくいヘム鉄も摂取することができます。
ヘム鉄は体内の吸収率がとても高いのですが高価なため中々配合されているサプリメントはありません。

 

価格はベルタ葉酸と同じような価格でやや高いのですが必要継続回数の規定もなく返金保障もついています。

 

>>プレミン公式サイトはこちら

価格:定期便で1個3500円

 

余計な添加物、過剰摂取の危険性にも配慮し、必要な栄養素をベストバランスで配合されています。
栄養素の成分数だけでなく配合量も他のサプリに比べて高く、ビタミン・ミネラル・アミノ酸は29種も配合されています。

 

美容成分も8種類も配合されていますので産後もキレイなママを目指している方におすすめです。

 

価格は定期便ではない単品だと5000円でやや高いので定期便がおすすめですが、ベルタ葉酸サプリのように必ず6回以上の継続が必要になります。
ですがママニック葉酸サプリは15日間の返金保障がついているため安心してお試しすることができます。

 

>>ママニック葉酸サプリ公式サイトはこちら

価格:定期便初回1980円、2回目以降3980円

 

オーガニックレモンからの天然葉酸に加えて、酵母由来の合成葉酸を配合された唯一の葉酸サプリメント。
とことん天然由来の安全性にこだわり葉酸以外のビタミン、鉄分、カルシウムなども野菜や安全な自然食材から作られています

 

天然素材からの安心、信頼できる品質に得にこだわる方におすすめです。

 

価格も初回1980円で2回目以降は3980円と値上がりするものの、いつでも解約可能で返金保障もついていますので気軽にお試しできます。

 

>>はぐくみ葉酸公式サイトはこちら